【社会福祉士の試験は難しくない!】よくわかる合否を分ける基礎情報

社会福祉士の試験は難しくない!?

社会福祉士国家試験は、簡単な試験ではありませんが難問試験という訳でもありません。

ただし、最近の合格率は26〜30%の間で推移し、
昨年は20%を切る合格率でした。

 社会福祉士国家試験の合格率
受験者数 合格者数 合格率

第25回 (2013年実施)

        42,841名         8,058名         18.8%

第24回 (2012年実施)

        42,882名         11,282名         26.3%

第23回 (2011年実施)

        43,568名         12,225名         28.11%

第22回 (2010年実施)

        43,631名         11,989名         27.5%

第21回 (2009年実施)

        46,099名         13,436名         29.1%

なぜ、このような合格率で推移しているのでしょうか?

この原因のひとつに基礎学習の不足があるといわれています。

社会福祉士試験は、科目・分野が多岐に分かっていることから、不合格になる方には学習が足らずに受験している方が多く含まれるのが実情のようです。

逆にいえば、しっかりと基礎情報を抑え学習すれば合格に近づくともいえます。

当サイトは、

    「社会福祉士の試験は難しいのでは?

とお考えの方に、社会福祉士試験の概要や実際の社会福祉士の仕事内容などをわかりやすくお伝えすることで、少しでも【社会福祉士の試験は難しくない!】と思っていただくことを目指すサイトです。

ひとりでも多くの方が「社会福祉士の試験合格」に一歩でも近づいていただくことができれば、大変うれしいです。


社会福祉士は、社会福祉業務に携わる人が目指す国家資格です。

福祉士介護


社会福祉士は、社会福祉業務に携わる人が目指す国家資格です。社会福祉の専門的な知識と相談技術を持ち、日常生活に支障がある人の相談に乗り、助言や指導などを行います。

社会福祉士になるための社会福祉士資格は、業務独占ではなく名称独占資格のため、活躍の場は幅広く業務内容についても人それぞれ異なります。

少子高齢化が進むこれからの日本において、活躍の場が広まりますます需要が高まる資格のひとつといえます。
近年では資格所有を条件とする職場も増え、社会福祉業務に従事する方の中では、人気の高い国家資格となっています。


【社会福祉士になるためには】 何をすればよいのか?


国家社会福祉士試験は、全19科目の試験科目のうちすべての科目において60%程度(各年によりこの値は多少調整されます)得点した方が、社会福祉士試験の合格となる試験です。1科目でも合格基準点以下をとってしまうと、不合格になってしまいます。

よって、社会福祉士試験に合格するためには、幅広い試験科目を満遍なく勉強することが必要です。
ただし、一般的に試験範囲をすべて勉強しようとしてしまうと、時間が足りなくなってしまいます。

そこで、限られた時間の中で「試験に出やすい箇所を効率よく学ぶ」ことができるかが、試験合否の分かれ目と言われています。

「試験に出やすい個所を効率よく学ぶ」には、
  • 過去の試験問題から傾向を読み取る

  • 最新情報や時事ネタなどから新たな傾向を見抜く
ことなどが必要です。

しかし、このようなことまで自分自身で行うことはほぼ不可能に近いです。


したがって、試験合格者の中には、試験対策を専門にした通信講座など、専門家の力を活用する方が多いと言われています。

試験が難しくない!と感じるための オススメ通信教育

ユーキャンの社会福祉士 合格指導講座

言わずと知れた通信教育の大手であるユーキャンの社会福祉士合格指導講座です。過去の合格者実績、ポイントを絞り込んだテキスト、個別添削指導など、内容は「さすが」です。

社会福祉士資格対策の通信教育を検討するなら、第一候補として考えるのをオススメします。
まずは自分が求まる講座か、資料請求をして確かめることから始めてみてください。

 

⇒ 資料請求はこちらをクリック

 

シカトルの社会福祉士資格講座

「シカトル」とは、介護・福祉・医療に特化した資格情報サイトです。 社会福祉士試験はもちろん、その他福祉系の講座案内を一括で資料請求することもできます。

年間利用者数が10万人以上という大変多くの方に利用されている信頼性があるサイトです。

資料請求は、もちろん無料なので安心してください。


 

⇒ 資料請求はこちらをクリック

 

資格の大原 社会福祉士コース

大原なら、初心者でも福祉に関する資格がたくさん取得できます。 入学から卒業まで検定試験のスケジュールに合わせた無理のないカリキュラムをご用意いしているので安心。充実した福祉設備での校内実習と豊富な福祉施設実習で実践力を身につけることも可能です。

 

⇒ 資料請求はこちらをクリック

 



社会福祉士の仕事探しなら

⇒ 条件・希望に合わせた情報を得るために、無料登録はこちら

⇒ 未経験・初心者求人も多数!無料登録はこちら


 
トップ 社会福祉士とは 国家試験の概要 社会福祉士の試験対策 資料請求はこちら サイトマップ